WSLをネットワークドライブに割り当てて便利に使う方法

Windows の WSL を使っているかた多いと思います。便利ですもんね。当ブログでも下記の記事にアクセスが集まっているのできっとみんなWSLを使っているんだと思います。

WSL(Windows Subsystem for Linux)のProxy設定方法
Windows上でLinuxコマンドを使うためには、 MSYS2 などがありますよね。最近は別の選択肢として、MicrosftストアからLinuxをインストールできるようになりました。WSL(Windows Subsystem for Li...

今回はそのWSL上のファイルに便利にアクセスする方法を書きます。

スポンサーリンク

エクスプローラーで「\wsl$」と入力する

一番普通のやりかたですね。エクスプローラーのアドレスバーに「\\wsl$」と入力する方法です。たとえば Ubuntu20.04 を使っているなら下記のような感じです。これでWSLのルートディレクトリにアクセスできます。簡単。

スポンサーリンク

ネットワークドライブを割り当てる

上記の方法でもいいんですが、Windows 上で動くツールの中には「\\wsl$」で始まるアドレスを受け付けないもの有ります。Cドライブなどの下にファイルがあることが前提になっているツールがちらほら有ります。また、毎回アドレスバーに入力するのも面倒です。そこでネットワークドライブを利用します。

まずはじめに WSL のパスをコピーします。下記では「\\wsl$\Ubunut-20.04」ですね。

つぎにエクスプローラーの左側のナビゲーションウィンドウで 「PC」 を右クリックします。「ネットワークドライブの割り当て」 を選択します。下記のような感じ。

するとネットワークドライブのドライブ文字とフォルダーを指定するように言われます。フォルダーには先ほどコピーした「\\wsl$\Ubunut-20.04」を入れます。ドライブ文字の方は任意です。なんでもいいです。下記の例ではGにしています。

これで下記のようにネットワークドライブ(この例でG:ドライブ)が追加されます。

念の為にネットワークドライブをダブルクリックしてWSL上のファイルにアクセスできること確認しておきましょう。

これで次からはWSL上のファイルをG:ドライブとしてアクセスできるようになりました。何かとこっちのほうが便利だと思います。

上記はWindows10での方法ですがWindows11でも基本変わらないと思います。いちおう公式サイトを貼っておきますね。

Windows でネットワーク ドライブを割り当てる
ネットワーク ドライブを割り当てることで、毎回ネットワーク ドライブを探したり、ネットワーク アドレスを入力したりする必要なく、Windows のエクスプローラーからそのネットワーク ドライブにアクセスできます。
スポンサーリンク

おまけ|WSLからエクスプローラーを開く

あまり使う場面は無いかもしれませんが WSL からコマンドでエクスプローラーを開けます。下記のようにexeを実行するだけです。ご参考まで。

$ explorer.exe
スポンサーリンク

まとめ

WSL 上のファイルをエクスプローラからアクセスする方法を説明しました。また、「\\wsl$」と毎回アドレスバーに入力するのも面倒ですし、そのようなパスに対応していないツールなんかもたまにあるので、それをネットワークドライブに割り当てる方法も説明しました。

ご参考になれば幸いです。

WSL
しんやさんをフォローする
スポンサーリンク
ハングスタック

コメント